×

東武,C11 325によるSL「大樹」の運転を12月26日から開始

東武,C11 325によるSL「大樹」の運転を12月26日から開始

▲C11 325

東武鉄道は,真岡鐵道から譲受したC11 325について,SL「大樹」としての運転開始日を2020(令和2)年12月26日(土)に決定したと発表した.

 C11 325は,2020(令和2)年7月に譲受し,東武鉄道線内で運転できるよう整備を進めてきたが,その整備が終了したため,運転開始が決定した.これにより,蒸気機関車が2機体制となることから,年間をとおして日光・鬼怒川エリアで蒸気機関車が楽しめる.
 12月26日(土)から2021(令和3)年1月11日(月)までの8日間は,蒸気機関車2機体制とし,SL「大樹」1号から8号まですべて蒸気機関車によるけん引で運転する(現在の2編成での運転は,蒸気機関車1機,ディーゼル機関車1機で運転).

東武,C11 325によるSL「大樹」の運転を12月26日から開始

▲通常ヘッドマーク(左)とサブカラーヘッドマーク(右)のイメージ

 なお,2機体制時のヘッドマークについては,1機は通常のヘッドマークで運転し,もう1機はサブカラーヘッドマークにて運転する.また,SL「大樹」4号と5号については,13:15ごろに途中の大桑駅で交換を行なう.
 また,運転開始に先立ち,12月6日(日)には南栗橋車両管区において,C11 207との重連運転撮影や,乗車体験ができる「2020東武プレミアムファンツアー第1弾」を開催する.ツアー詳細については11月中旬に発表される.
 今後,C11 207が2021(令和3)年1月11日の運転以降,約半年の検査に入るが,土日祝日を中心としてC11 325による運転を継続し,検査が終わる2021(令和3)年夏以降,日光・鬼怒川エリアにおいて,毎日運転を実施する.これにより,修学旅行や団体旅行のコンテンツとしても利用しやすい環境を整える.
 なお,2021(令和3)年冬の復元を目指して,別途作業を進めている蒸気機関車については,東武鉄道が創立123周年を迎えたことなどから,車両番号をC11 123とすることが決定している.

写真はいずれも東武鉄道のニュースリリースから