×

JR東日本品川駅で3・4番線ホーム拡幅工事が進む

access_time
2020年10月20日掲載
JR東日本品川駅で3・4番線ホーム拡幅工事が進む

JR東日本品川駅では,山手線外回り(渋谷・新宿方面)と京浜東北線(大宮方面)を乗り換える場合はホームが別のため,階段・コンコースを経由して乗換えが必要となっています.これを解消するために,山手線外回り(渋谷・新宿方面)と京浜東北線(大宮方面)が同じホーム上で乗換えができるように,3番線を使用停止し,そのスペースをホーム拡幅にあて,これまでの 9mから13mにする工事が行なわれています.
 2020(令和2)年10月18日(日)現在,ホーム拡幅部分の工事が進んでいることが確認できました.2022(令和4)年ごろには, 現在の「2番線」が「新3番線」になるとともに,山手線外回りは進行方向左側のドア扱いとなり,京浜東北線北行と同一ホームとなります.また,現在の1・2番線ホームは,1番線の山手線内回り専用ホームとなる予定です.

写真:品川にて 2020-10-18
投稿:舛掛 尚則