×

筑豊電鉄・阪堺で共同PRを実施

筑豊電鉄・阪堺で共同PRを実施
筑豊電鉄・阪堺で共同PRを実施

筑豊電気鉄道と阪堺電気軌道では,2020(令和2)年9月19日(土)から,両社の認知度向上を図るため,共同で沿線のPR活動を実施します.
 これは,両社とも沿線に世界遺産(遠賀川水源地ポンプ室:中間市/百舌鳥・古市古墳群:堺市ほか)があり,両社が同じメーカーの低床式車両(アルナ車両・リトルダンサーシリーズ・タイプUa)を運転するという共通点があることから,「好きなんだよ」の言葉をそれぞれの地域の方言で表した『好きっちゃ筑鉄』・『好きやねん阪堺』を合言葉に,両社の車両や施設などを活用し共同で認知度向上を図るものです.
 あわせて沿線地域の方々に,より一層愛着を持ってもらい,新型コロナウイルス感染拡大状況の終息後に両社沿線へ誘客を図ることを目的に実施します.

写真:筑豊電鉄・阪堺電気軌道共同ニュースリリースから

■共同PR企画について
実施期間2020(令和2)年9月19日(土)〜3年間 ※予定
内容(1)塗装車両の運転
●阪堺電車のモ161形(1両)を筑鉄電車の赤電カラーに塗装に変更
・運転期間...2020(令和2)年9月19日(土)〜3年程度 ※予定
 ※9月19日(土)・20日(日)に実施する撮影会ツアーで初めてお披露目されます.
 ※非冷房車のため,通常運転は10月中旬から11月上旬に実施予定です.
●筑豊電鉄の車両(赤電車両・1編成)を阪堺電車の塗装に変更
・運転期間...2021(令和3)年上期〜未定
 ※塗装内容などの詳細については,決まり次第発表されます.
(2)沿線PR
 両社の電車内や駅貼ポスターなどを活用し,沿線情報など案内します.
■今後の予定
●両社沿線の名産品を食す貸切ツアーの実施
●塗装変更した車両の撮影会ツアーの実施(9月19日・20日)
●コラボ乗車券の発売 など
※内容については,事情により変更または中止する場合があります.
ご案内阪堺電車で筑鉄電車カラーの電車が走ります(筑豊電鉄・阪堺電気軌道共同ニュースリリース,PDFファイル)