×

大井川鐵道,大井川本線 金谷—千頭間の運転を8月28日から再開

access_time
2020年8月27日掲載

大井川鐵道は,不通となっていた大井川本線の家山—千頭間について,2020(令和2)年8月28日(金)の始発から運転を再開すると発表した.
 これは,2020(令和2)年7月の継続的な大雨の影響により,金谷駅起点28.8km(下泉—田野口間)の大井川護岸が損傷.7月27日(月)から家山—千頭間でバス代行運転を実施していたが,このほど現場の仮復旧が完了した.
 列車はまず普通電車の平常運転を再開し,臨時急行電車については引き続き運休とする.なお下泉—田野口間の損傷箇所は仮復旧のため,大井川の河川状況によっては再度バス代行となる可能性があるとしている.
 また「きかんしゃトーマス号」については,引き続き10月19日(月)まで新金谷—家山間での運転とし,あわせて開催されている「トーマスフェア」についても新金谷駅構内での開催を継続する.
 このほか,SL列車「かわね路号」については,9月1日(火)の運転再開を目指していたが,車両整備に時間を要するため未定とし,決まり次第改めて発表される.