×

日立・ボンバルディア社,イタリア・トレニタリア社とスペイン向け高速車両23編成の供給に関する契約を締結

access_time
2020年8月12日掲載
日立・ボンバルディア社,イタリア・トレニタリア社とスペイン向け高速車両23編成の供給に関する契約を締結

日立製作所のグループ会社である日立レール(イタリア)社は,ボンバルディア・トランスポーテーション社(以下:ボンバルディア社)と共同で,イタリアの鉄道運営会社であるTrenitalia(以下:トレニタリア社)と,高速車両「Frecciarossa(フレッチャロッサ)1000」23編成の供給に関する契約を約8億ユーロ(約998億円)で締結したと発表した.

 本車両は,トレニタリア社とスペインのOperador Ferroviario de Levante SLの合弁会社であるIntermodalidad de Levante(以下:ILSA社)により,スペインで運転される.
 「フレッチャロッサ1000」は,欧州において最も速く,静かに走行する超高速車両であり,今回のILSA社向けの23編成は,日立レール(イタリア)社と ボンバルディア社によってイタリアで設計と製造が行なわれる.1編成の全長は約200mで,乗車定員は約460名,営業最高時速は360kmであり,最新の空力と省エネ技術により,運転効率の最大化を実現している.さらに,Wi-Fi設備やビストロエリアなどを完備し,全クラスにおいて最高レベルの快適なサービスを楽しむことができる.
 また,欧州相互乗入れ技術要求(Technical Specification for Interoperability:TSI)のすべての要件を満たす多電圧技術を搭載した高速鉄道ネットワーク上で運転され,2015(平成27)年にイタリアで導入されて以来,「フレッチャロッサ1000」は,性能・運転効率・乗客の快適性において,ほかの車両を圧倒してきた.
 ILSA社は,スペインの鉄道インフラを運営する「Administrator of Railway Infrastructures(ADIF)」から,スペインの民間企業として初めてスペインにおける鉄道車両運営を許可された.本車両は,2022(令和4)年から,スペインのマドリード—バルセロナ間,マドリード—バレンシア・アリカンテ間,マドリード—セビリア・マラガ間で営業運転を開始する.

写真:日立製作所提供