×

289系FG401編成に金屏風ラッピング

access_time
2020年8月9日掲載
289系FG401編成に金屏風ラッピング

JR西日本では,福知山運転所所属の289系FG401編成(クモハ289-3501+サハ288-2201+モハ289-3401+クロハ288-2001)にラッピングが施され,2020(令和2)年8月8日(土)の“こうのとり”10号から営業運転を開始しました.
 これは,NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公,明智光秀ゆかりの地をPRするために行なわれているもので,ラッピングは金屏風ふうのデザインとなっています.初日の8月8日は,福知山と柏原で見送りも行なわれ,福知山では,福知山観光協会のイメージキャラクターである「光秀くん」と「ひろこさん」も登場しました(写真).

写真:福知山にて 2020-8-8
投稿:土橋 雅人