×

JR東日本,原宿駅旧駅舎の外観を再現して建替えへ

access_time
2020年8月7日掲載
JR東日本,原宿駅旧駅舎の外観を再現して建替えへ

JR東日本東京支社は,山手線原宿駅の旧駅舎について,外観を可能な限り再現し,建替えを行なうと発表した.

 原宿駅は,2020(令和2)年3月から3代目となる新しい駅舎の供用を開始している.それまで使用された駅舎は,1924(大正13)年に竣工した2代目で,尖塔を載せたハーフティンバー様式のデザインで親しまれており,都内で現存する木造駅舎では最も古いものとなっていた.今回の建替えでは,防火地域に適した材料を用いて外観を再現し,新駅舎の隣の位置に設置する.新たな建物では,まちの個性を活かしたにぎわい集う拠点づくりを進めるとしている.

JR東日本,原宿駅旧駅舎の外観を再現して建替えへ

 旧駅舎の解体工事は,「東京2020 オリンピック・パラリンピック」競技大会終了後に行なわれる予定であったが,大会の延期にともない,2020(令和2)年8月下旬から作業に着手する.

画像はいずれもJR東日本東京支社のニュースリリースから
※画像はイメージです.計画の進ちょくにより変更となる場合があります.