×

上越線土合駅に駅舎内喫茶「mogura」がオープン

access_time
2020年8月7日掲載
上越線土合駅に駅舎内喫茶「mogura」がオープン

JR東日本グループのJR東日本スタートアップと,株式会社VILLAGE INC.は,群馬県の上越線土合駅において,駅舎内喫茶「mogura」を2020(令和2)年8月8日(土)にオープンすると発表した.

上越線土合駅に駅舎内喫茶「mogura」がオープン

 これは,無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」の宿泊施設開業に先駆けてオープンするもの.「mogura」は,かつて実際に利用されていた駅務室を改装したカフェスペースで,切符売場をそのまま利用した店のカウンターなどに当時の姿を見ることができるほか,ふだんなら入ることのない駅の内部で,ゆっくりと流れる時間を味わうことができる.営業時間は11時から18時で,定休日は不定休.メニューは,コーヒー,クラフトビール,軽食などが提供される.
 なお株式会社VILLAGE INC.は,「JR東日本スタートアッププログラム2019」の採択企業であり,JR東日本グループとともに,2020(令和2)年2月12日(水)から3月22日(日)までの間,上越線土合駅を活用した地域活性化実証実験として「DOAI VILLAGE」をオープン.無人駅の活用に高いニーズがあることを確認できたため,本格的な事業化に向け資本業務提携を行なった.
 「DOAI VILLAGE」の開業により,旅行者や登山者,地元の方を含めた多くの人が集う交流の場を生み出し,地域の活性化を目指すとともに,無人駅の新たな価値を提供するとしている.

写真・画像はいずれもJR東日本スタートアップ提供