×

東京モノレール,大井競馬場前駅をリニューアルオープン

access_time
2020年7月31日掲載
東京モノレール,大井競馬場前駅をリニューアルオープン

東京モノレールは,大井競馬場前駅を2020(令和2)年8月3日(月)にリニューアルオープンすると発表した.

東京モノレール,大井競馬場前駅をリニューアルオープン

 リニューアルコンセプトは,競馬がヨーロッパ貴族のスポーツであり,社交場でもあったことから「優美な大人の遊び場(GRACEFUL SALON)」を意識した.駅舎は内装部分(床・壁・天井・照明)の改修を中心に,改札・券売機周り装飾,2階への階段改修,駅務室内の美化,駅舎本屋と駅舎海側のライトアップ設置,「だれでもトイレ」・旅客用トイレの改修などを実施した.
 また,利用客の動線を異なる素材や色の違いにより,「流れる」領域・「立ち止まり」の領域として表現し,落ち着いた素材の中に,真鍮色を差し込むことでサロンのような上品な空間を実現した.
 さらに,2019(令和元)年7月にオープンした「大井ホッケー競技場」の最寄り駅でもあることから,公益社団法人日本ホッケー協会とタイアップし,駅舎外部に同協会のロゴの設置や,駅舎内でホッケーに関する展示を行なう.

東京モノレール,大井競馬場前駅をリニューアルオープン

 8月上旬には,駅周辺の魅力や品川区のおすすめスポットなど,各種情報を利用客に提供する情報発信の場として,しながわ観光協会による「しながわ観光情報コーナー」が改札口前に開設される.
 このほか,LED投光器やスポットライトを使用して,駅舎の壁面・屋根・ホーム下部鉄骨構造のライトアップを開始する.ライトアップは,季節ごとにさまざまな色で演出するとともに,沿線の自治体や企業との連携により沿線の魅力を高め,夜間景観の向上を目的に実施する.当面は,新型コロナウイルス感染症拡大防止に従事する医療関係者などへ向け,感謝の気持ちを表すブルーでライトアップを行なう.
 なお,2020(令和2)年6月からブルーでライトアップされている品川区のかもめ橋,勝島橋に加え,リニューアル当日となる8月3日(月)には,大井競馬場内のイルミネーションもブルーでライトアップし,地域としての一体感を図る(競馬場内への入場は不可).また,同日には東京モノレールの「ILLUMI WHITE号」と「ILLUMI GOLD号」を運転する.

写真はいずれも東京モノレールのニュースリリースから