×

京成,3600形リバイバルカラー化を実施
〜「3600形リバイバルカラー記念乗車券」も発売〜

access_time
2020年7月21日掲載
京成,3600形リバイバルカラー化を実施

京成電鉄では,1982(昭和57)年から運転している3600形を,デビュー当時の塗色である「ファイヤーオレンジ」に変更します.
 これは,沿線をはじめ多くの京成電鉄ファンの方に,郷愁感や当時の思い出に思いを馳せる機会を提供することを目的に実施するものです.

「3600形リバイバルカラー記念乗車券」も発売

また,今回のリバイバルカラー化を記念して「3600形リバイバルカラー記念乗車券」を数量限定で発売します.
※「3600形リバイバルカラー記念乗車券」は完売しました(8月12日追記).

画像上:デビュー当時のイメージ
画像下:記念乗車券のデザイン案(左:台紙外面,右:台紙中面)
画像はすべて京成電鉄のニュースリリースから

■3600形リバイバルカラー化について
運転開始日2020(令和2)年8月1日(土)
車両編成京成上野方から
 3688+3687+3686+3683+3682+3681
■「3600形リバイバルカラー記念乗車券」の発売について
内容乗車券2枚とファイヤーオレンジカラー「3688」車番ステッカーのセット
発売期間2020(令和2)年8月1日(土)〜2021(令和3)年1月31日(日)
※売り切れ次第,販売終了.
有効期間2020(令和2)年8月1日(土)から2021(令和3)年1月31日(日)までの期間中,1回限り有効.
乗車券の有効区間●京成高砂駅から大人500円区間
●宗吾参道駅から大人500円区間
発売金額1000円(税込)
発売数限定3600部
発売場所●下記20駅
 京成上野,日暮里,千住大橋,押上,青砥,京成高砂,京成金町,市川真間,京成八幡,東中山,京成船橋,京成津田沼,八千代台,勝田台,京成佐倉,京成成田,空港第2ビル,京成稲毛,京成千葉,学園前
そのほか●自動改札機は利用できません(有人改札のみ).
●払い戻しは,汚損などがなく全券片未使用(付属品含む)かつ有効期間内に限り,各発売場所で手数料(220円)を差し引いた金額を払い戻します.
ご案内3600形リバイバルカラー化の実施について(京成電鉄ニュースリリース,PDFファイル)