×

2700系の定期列車が増加

access_time
2020年7月19日掲載
2700系の定期列車が増加

JR四国では,2020(令和2)年7月18日(土),車両運用の見直しを実施し,土讃線,高徳線に新形特急気動車2700系を追加投入しました.同社では,老朽化した保有車両の更新・廃車を進めており,新形特急形気動車として,2700系を川崎重工において順次製造し,営業運転に投入しています.
 なお,2020年4月に落成し,輸送されたあと,高知運転所内に留置されていた2800形2805号(グリーン・普通合造車)も, 特急“南風”9号(写真)・21号で,その姿を見ることができました.

写真:箸蔵—佃間にて 2020-7-18
投稿:志摩 敬