×

新潟駅万代口・JR新潟支社社屋の解体が始まる

access_time
2020年6月17日掲載
新潟駅万代口・JR新潟支社社屋の解体が始まる

JR東日本では,2020(令和2)年6月16日(火),新潟駅「万代口」と新潟支社社屋の撤去解体工事が開始されました.
 東口連絡通路側に2020年秋に仮の万代口を設置するため,写真向かって左側から解体が進められています.これらは,新潟駅連続立体交差事業にともなうもので,現在は2期目の工事になり,約1年かけて撤去が行なわれます.工事が終了し5代目新潟駅が誕生するのは2023(令和5)年の予定です.
 この建物は,1963(昭和38)年3月に地下1階,地上4階,一部6階建てで完成し,1964(昭和39)年6月の新潟国体を迎え,さらに同年6月16日(火)には新潟地震も経験し,57年間県民に愛されました.

写真:新潟にて 2020-6-16
投稿:藤巻 佳一