×

グリーンマックス,2020年9月以降の発売予定品を発表

グリーンマックス,2020年9月以降の発売予定品を発表

グリーンマックスは,2020(令和2)年9月の発売予定品を発表しました.

■阪神2000系
 2011(平成23)年まで活躍した阪神2000系のうち,1997(平成9)年から2008(平成20)年ごろの中間電動車のパンタグラフが1基撤去された姿<30348>と,1995(平成7)年から1997(平成9)年ごろのスカートが取付けられた姿<30349>が製品化されます.
 共通事項として,車両番号,社章は印刷済みです.種別・行先表示,優先席,弱冷車の各表示は,新規製作の付属ステッカーに収録されます.また,避雷器,ラインデリアは屋根パーツへの一体彫刻表現とし,クーラ,列車無線アンテナ,ヒューズボックスは取付済みです.走行中はヘッドライト(電球色),テールライト(赤色)が点灯します.さらに室内には,エンジ色成形のシートが取付け済みとなります.
 価格は,<30348>・<30349>とも6両編成セット(動力付き)28000円(税抜)で,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト,PDFファイル)をご覧ください.
■東武60000系 61618編成アンテナ2本搭載
 東武野田線(東武アーバンパークライン)で活躍する60000系のうち,先頭車屋上に無線アンテナが2本設置された61618編成が製品化されます.
 車両番号,TOBUロゴマーク,TOBU URBAN PARK LINEロゴは印刷済みです.優先席,弱冷房車,車椅子・ベビーカーマーク,女性専用車の各表記は付属ステッカーによる選択となります.あわせて種別・行先表示(3色LED仕様)は新規製作の付属ステッカーに収録されます(選択式).
 避雷器は屋根パーツへの一体彫刻表現とし,列車無線アンテナ,ヒューズボックスはユーザ取付けとなります.また,先頭車前面のホーム検知装置は彫刻表現されます.走行中はヘッドライト(白色),テールライト(赤色)が点灯します.
 価格は,6両編成セット(動力付き)が26800円(税抜)で,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト,PDFファイル)をご覧ください.
■JR クモヤ145形100番台
 JR西日本管内で活躍するクモヤ145形100番代が,2両セットとして製品化されます.
 車両番号,ATS表記・エンド表記,所属標記,検査表記・乗務員室表記は新規製作の車両マークによる選択式です.また,前面の種別・運行番号については新規製作の付属ステッカーに収録されます(選択式).
 列車無線アンテナ,信号炎管は屋根パーツへの一体彫刻表現とし,ホイッスル,ヒューズボックス,避雷器はユーザ取付けとなります.走行中はヘッドライト(電球色),テールライト(赤色)が点灯します(連結側のライトは非点灯).
 価格は,2両セット(動力付き)が14500円(税抜),2両セット(動力なし)が11600円(税抜)で,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト,PDFファイル)をご覧ください.
■JR クモヤ145形100番台 クモヤ145-107
 JR東日本の吾妻線で,冬季霜取り列車として運用されていたクモヤ145-107が製品化されます.
 車両番号,車体各種表記は印刷済みとし,種別・運行番号は新規製作の付属ステッカーに収録されます(選択式).
 列車無線アンテナ,信号炎管は屋根パーツへの一体彫刻表現とし,ホイッスル,ヒューズボックス,避雷器は取付済みとなります.走行中はヘッドライト(電球色),テールライト(赤色)が点灯します.
 価格は,1両単品(動力付き)が9400円(税抜)で,フライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト,PDFファイル)をご覧ください.