×

横浜市交,ブルーライン新横浜駅に新改札口を整備

access_time
2020年5月20日掲載
横浜市交,ブルーライン新横浜駅に新改札口を整備

横浜市交通局では,2022(令和4)年度下期の神奈川東部方面線(相鉄・東急直通線)開業にあわせて,ブルーライン新横浜駅に新改札口を整備し,工事に向けた発注手続きを進めると発表した.

横浜市交,ブルーライン新横浜駅に新改札口を整備

 新しい改札口は,JR連絡改札口と日産スタジアム改札口の間にある横浜市の行政サービスコーナー付近に設置される予定で,相鉄・東急直通線 新横浜駅(仮称)の改札口も同じフロアに設置される.
 相鉄・東急直通線は,JRの横浜羽沢付近から東急東横線の日吉までの連絡線(約10.0km)を新設し,相鉄線と東急線が相互直通運転を行なうもので,2019(令和元)年11月に開業した相鉄・JR直通線(西谷—横浜羽沢間)とともに「神奈川東部方面線」のひとつとして整備が進められている.

画像はすべて横浜市のニュースリリースから