×

富山地方鉄道,乗務員などの制服をリニューアル

access_time
2020年4月22日掲載
富山地方鉄道,乗務員などの制服をリニューアル

富山地方鉄道では,乗務員・技術員の制服をリニューアルしたと発表した.

富山地方鉄道,乗務員などの制服をリニューアル

 これは,2020(令和2)年に会社創立90周年を迎えたことと,3月の軌道線南北直通運転の開始など,会社事業の大きな節目にあわせてデザインを一新したもの.
 乗務員は,上着の色をライトグレー・シングルの3つボタン仕様とし,左上腕部に社紋をモチーフとしたオリジナルワッペンを付けた.奥襟と袖口には轍をイメージした二本の金線を引き,両肩には肩章をデザイン.高級感あふれるクラシックなスタイルとした.また,ズボンは色をダークグレーとし,安定感のあるダークグレーが上着の明るさを引き立て,上下で落ち着きのある組合せとした.また,ワンタックでアジャスターも付いており,快適に業務が行なえるよう配慮されている.
 さらに従業員の統一感を高めるため,富山地方鉄道では初めて統一カラーのネクタイを着用する.色はオレンジで,インパクトとして際立たせながらも暖かさや柔らかさも表現した.
 技術員は,上着の色をブルーとし,リニューアル前のチャコールグレーからイメージを一新した.肩のタックにより,腕まわりのスムーズな動作が可能となり,作業効率と安全性をサポートする.また,多機能ポケットや背中側のメッシュ仕様により,高い機能性と快適性を備えている.ズボンについては,色をディープネイビーとし,上部で汚れにくい仕様としたほか,各種ポケットも備える.