×

グリーンマックス,『近鉄2013系観光列車「つどい」』リニューアル仕様の塗装試作品を公開

access_time
2020年4月14日掲載
グリーンマックス,『近鉄2013系観光列車「つどい」』リニューアル仕様の塗装試作品を公開

▲近鉄2013系観光列車「つどい」のハンドメイドサンプル

グリーンマックスでは,2020(令和2)年8月に発売予定のNゲージ商品『近鉄2013系観光列車「つどい」』について,リニューアル後仕様の塗装試作品を公開しました.

近鉄2013系「つどい」

写真:近畿日本鉄道2013系「つどい」  編集部撮影  明星車庫にて  2018-7-5(取材協力:近畿日本鉄道)

 近鉄2013系観光列車「つどい」は,2013(平成25)年の伊勢神宮式年遷宮にあわせて既存の2000系(2013F)から改造された観光列車です.登場当初は,シルキーホワイトをベースに伊勢神宮や海の幸など,伊勢志摩地区の魅力をアピールする外観で,「風のあそびば」と名付けられたフリースペースや,バーカウンターやイベントスペースなどが設置されました.その後,2018(平成30)年6月には,近鉄のキャンペーン「開湯1300年 ゆこうよ 湯の山」にあわせてリニューアルが実施されました.

グリーンマックス,『近鉄2013系観光列車「つどい」』リニューアル仕様の塗装試作品を公開

▲ク2107号車

グリーンマックス,『近鉄2013系観光列車「つどい」』リニューアル仕様の塗装試作品を公開

▲モ2013

グリーンマックス,『近鉄2013系観光列車「つどい」』リニューアル仕様の塗装試作品を公開

▲モ2014号車

 公開された試作品は,リニューアル後のブラウンとクリームの塗装をハンドメイドにより再現.また金帯や,印刷表現となる各車に貼付されたロゴマークや車両番号,つどい・ゆこうよ湯の山温泉・SIGHTSEENG TRAINの各ロゴ,号車表示なども再現されています.
※当初「ゆこうよ湯の山温泉」ロゴ印刷済みとしていましたが,2020(令和2)年6月現在の姿を再現するため「ゆこうよ湯の山温泉」ロゴは印刷なしとなります(7月23日追記).

グリーンマックス,『近鉄2013系観光列車「つどい」』リニューアル仕様の塗装試作品を公開

▲モ2014号車の窓向き座席とク2107号車「風のあそびば」の室内表現イメージ

 先頭車ク2107の乗降扉を改造した大形ガラスや,車内の特徴的な「風のあそびば」の座席などが専用パーツで再現されます.中間車のモ2013にはコアレスモータ搭載の動力が入りますが,一部の乗降扉や窓が埋められた姿が再現されます.反対側の先頭車モ2014については,ほかの2両と同じく改造により埋められた部分の再現はもちろん,窓向き座席の一般客室が再現されます.なお,モ2014の床下機器や両先頭車のスカートは専用パーツが新規に製作されます.なお,臭気抜き,ランボードは一体彫刻表現とし,クーラーは取付け済みで,列車無線アンテナ,ヒューズボックスはユーザ取付けとなります.

グリーンマックス,『近鉄2013系観光列車「つどい」』リニューアル仕様の塗装試作品を公開

▲ライト点灯のイメージ

 また,先頭車のライトは,ヘッドライト(電球色),テールライト(赤色)に加えて通過標識灯(黄色)が点灯します.
 価格は3両セット(動力付き)19800円(税抜)です.さらに登場時の仕様についても,2021(令和3)年2月以降の発売予定で製品化が発表されています.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト,PDFファイル)をご覧ください.
特記以外の画像は,グリーンマックス提供