×

“はるか”減車にともなう回送列車運転

access_time
2020年4月2日掲載
“はるか”減車にともなう回送列車運転

▲281系HA633編成とHA631編成 南彦根にて 2020-4-1

JR西日本では,2020(令和2)年4月1日(水)から,関空特急“はるか”が全列車6両編成での運転に変更されました.

 “はるか”は,3月14日(土)のダイヤ改正から全列車が9両編成で運転されるようになりましたが,新形コロナウイルスの感染拡大にともない乗客が減少したことから,編成両数の見直しが行なわれることになりました.

“はるか”減車にともなう回送列車運転

▲271系HA655編成とHA652編成 島本にて 2020-4-1

 今回の減車にともない,4月1日(水)には,281系HA633編成とHA631編成が米原から日根野まで回送されています.この2編成は,前日の“はるか”50号・54号に使用され米原まで運転されていたものです.また,同日,271系HA655編成とHA652編成の6両編成が,向日町(操)から日根野まで回送されています.

投稿:谷本 勇太