×

「新京成線アプリ」が「JR東日本アプリ」「東武線アプリ」との列車走行位置連携を開始

「新京成線アプリ」が「JR東日本アプリ」「東武線アプリ」との列車走行位置連携を開始

新京成電鉄では,公式スマートフォンアプリ「新京成線アプリ」の列車走行位置画面で,「JR東日本アプリ」と「東武線アプリ」への連携を開始したと発表した.
 列車走行位置画面の連携は,すでに「京成アプリ」との間で開始されているが,今回,松戸駅(常磐線),八柱駅(武蔵野線),新鎌ヶ谷駅(東武野田線),新津田沼駅(総武本線)の4駅で,「JR東日本アプリ」と「東武線アプリ」との連携が開始された.
 利用方法は,乗換え駅に表示されている指定アイコンをタップすることで,乗換え先のアプリの列車走行位置画面が簡単に確認できる.なお,乗換え先のアプリがインストールされていない場合,アプリストアのダウンロード画面に移行する.なお,「新京成線アプリ」をすでにインストール済みの場合は,アップデートの必要はない.

画像:新京成電鉄WEBサイトから