貝塚公園のナハネフ22 1007が修復される

access_time
2020年3月21日掲載
貝塚公園のナハネフ22 1007が修復される

福岡市の貝塚公園に展示されている20系客車,ナハネフ22 1007が,このほど修復作業を終え,2020(令和2)年3月19日(木)にお披露目されました.
 ナハネフ22 1007は,1990(平成2)年にJR九州から福岡市に無償貸与され,貝塚公園では9600形の49627とともに展示されています.客車の老朽化が激しかったため,地元の小学生がクラウドファンディングで集めた資金と,東京都で会社を経営する代表者が私費を投じて,2月から約1ヵ月かけて,専門業者により,おもに外装や腐食部分を修復したものです.

写真:貝塚公園にて 2020-3-20
投稿:花村 隆広