×

大阪市高速電気軌道,「Osaka Metro Group案内アプリ」の提供開始

大阪市高速電気軌道,「Osaka Metro Group案内アプリ」の提供開始

パナソニックとパナソニック システムソリューションズ ジャパンは,大阪市高速電気軌道向けのスマートフォン用アプリ「Osaka Metro Group案内アプリ」を開発し,2020(令和2)年3月16日(月)から提供を開始したと発表した.

 大阪市高速電気軌道では,GPSが届かない地下鉄駅構内からOsaka Metro Groupが運行する大阪シティバスのバスターミナルなどへの経路案内が課題となっており,パナソニック協力のもと,光ID技術「LinkRay™」を活用した「ARナビゲーション」機能搭載の鉄道アプリを開発した.
 アプリでは,「LinkRay™」を活用した「ARナビゲーション」機能を搭載しており,駅構内に設置された「ARナビボード」にスマートフォンをかざすと目的地に応じた出入口やバスターミナルまでの案内ルートをスマートフォン画面に動く矢印で表示し案内を行なう.「ARナビボード」は,サービス開始時点(2020年3月)で,梅田駅(御堂筋線),西梅田駅(四つ橋線),東梅田駅(谷町線),なんば駅(御堂筋線・四つ橋線・千日前線),ドーム前千代崎駅・大正駅(長堀鶴見緑地線)の合計6駅に設置されている.商業施設案内については,「Whityうめだ」,「ekimo梅田」,「グランフロント大阪」,「大丸梅田店」などに対応し,ARナビゲーションで出入口まで案内した後は,2Dマップで目的地まで案内を行なう.なお,梅田,西梅田,東梅田の3駅では大阪市高速電気軌道を含め,他路線への乗換案内や商業施設案内にも対応している.
 また,よく利用する駅を登録すると,通常ダイヤから臨時ダイヤにも対応した時刻表をスマートフォンのウィジェットで表示できるほか,プッシュ通知に対応した運行情報,経路案内,路線図,天気予報なども表示する.さらに,訪日・在日外国人の方も利用しやすいよう,日本語に加え英語,中国語(簡体字・繁体字),韓国語にも対応する.
 アプリは,「App Store」または「Google Play」からダウンロードができ,利用料金は無料.ただし,通信料は利用者負担となる.

写真はすべて大阪市高速電気軌道WEBサイトから