×

伯備線で普通列車の運転区間短縮により総社行きが登場

access_time
2020年3月17日掲載
伯備線で普通列車の運転区間短縮により総社行きが登場

JR西日本では,2020(令和2)年3月14日(土)ダイヤ改正で,日中の伯備線総社—備中高梁間で乗車率が低かった岡山—備中高梁間の列車3往復について,運転区間が岡山—総社間に短縮されました.
 ダイヤ改正前は2往復が岡山電車区115系D編成,1往復が213系C編成ワンマン車で運転されていましたが,改正後は3往復分とも115系D編成での運転となり,213系C編成ワンマン車1本を捻出することで宇野線(瀬戸大橋線)の増発列車に充てられています.

写真:岡山にて 2020-3-15
投稿:増田 泰之