キハE120形の転属が完了

access_time
2020年3月13日掲載
キハE120形の転属が完了

JR東日本では,2020(令和2)年3月14日(土)のダイヤ改正で,郡山総合車両センター所属で只見線用キハ40系が,同所属のキハE120形に置き換えられます.改正を前にした,3月12日(木)には,最後まで新津運輸区に残り米坂線などで運用されていたキハE120-3,同-4,同-5,同-6の4両が会津若松まで回送され,2019(令和元)年11月から続いたキハE120形のカラーリング変更と転属が完了しました.
 翌13日(金)から,一部の列車でキハE120形の使用が開始されることが発表されていて,14日の改正日からは全列車がキハE120系での運転となるものと思われます.

写真:堂島—会津若松間にて 2020-3-12
投稿:葛西 翔大朗