EF65 2101がTX-3000系の甲種輸送をけん引

EF65 2101がTX-3000系の甲種輸送をけん引

日立製作所笠戸事業所で製造された,首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)のTX-3000系(6両編成)が,2020(令和2)年3月7日(土)から9日(月)にかけて,下松から越谷貨物ターミナルまで甲種輸送されました.
 下松—吹田貨物ターミナル間は,吹田機関区所属のEF210-159が,吹田貨物ターミナルからは,新鶴見機関区所属のEF65 2101が,それぞれけん引しています.
 吹田貨物ターミナルからのけん引機に充当されたEF65 2101には,「TX つくばエクスプレス TX-3000系 落成 首都圏新都市鉄道」と書かれたヘッドマークが掲出されました.
 なお,5編成目となるTX-3000系が甲種輸送されたことにより,2018(平成30)年6月7日(木)に,首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)から公式発表されていた導入車両数の30両(6両編成×5本)がすべてそろうことになります.

写真:米原—醒ヶ井間にて 2020-3-8
投稿:橋本 淳