×

山陽電鉄,3月6日から大塩駅に副駅名称<姫路大学前>を導入

access_time
2020年3月4日掲載
山陽電鉄,3月6日から大塩駅に副駅名称<姫路大学前>を導入

山陽電気鉄道では,2020(令和2)年3月6日(金)から,本線大塩駅に副駅名称<姫路大学前>を導入すると発表した.
 大塩駅は,2021(令和3)年の供用開始を目標に,駅周辺整備を含めた橋上駅舎化工事を実施しているが,同駅が姫路大学の最寄駅でもあることから,今まで以上に地域に親しまれ,利用客に広く周知することを目的としたもの.
 なお,山陽電鉄では,網干線の平松駅でも副駅名称<大和工業グループ最寄駅>が2018(平成30)年12月1日(土)から導入されている.

画像:鳥居形駅名標と電照式駅名標の副駅名表記イメージ(山陽電気鉄道のニュースリリースから)