×

JR四国,3月14日から琴平駅など7駅でICOCAサービスを開始

JR四国7200系

写真:JR四国7200系  編集部撮影  多度津工場にて  2016-5-20(取材協力:JR四国)

JR四国とJR西日本は,2020(令和2)年3月14日(土)の始発から,新たにJR四国管内の7駅(予讃線:詫間・観音寺,土讃線:善通寺・琴平・栗林公園北口・栗林・屋島)において,ICカード乗車券「ICOCA」のサービスを導入すると発表した.

JR四国,3月14日から琴平駅など7駅でICOCAサービスを開始

 提供するサービスは,「ICOCA」での入出場とチャージのほか,「ICOCA」の発売・払戻し(栗林公園北口・屋島でのチャージは対象外).サービスは「ICOCA」のほか全国相互利用対象のICカード乗車券(Kitaca・PASMO・Suica・manaca(マナカ)・TOICA・PiTaPa・はやかけん・nimoca・SUGOCA)についても利用できるようになる.ただし,これまでのJR四国管内での利用可能駅同様,「ICOCA定期券」の利用・発売は行なわない.

画像は特記以外,JR四国のニュースリリースから