×

JR東日本,3月20日から上野駅公園口新駅舎の供用を開始

JR東日本,3月20日から上野駅公園口新駅舎の供用を開始

JR東日本東京支社は,2020(令和2)年3月20日(金)の初電から,上野駅公園口新駅舎の供用を開始すると発表した.

JR東日本,3月20日から上野駅公園口新駅舎の供用を開始

 上野駅公園口は,2017(平成29)年から改札位置を約100m北側(日暮里側)へ移設する工事を実施しており,あわせて公園口駅舎前の道路については,台東区の道路整備事業によりロータリー化され,歩行者空間となる.

JR東日本,3月20日から上野駅公園口新駅舎の供用を開始

 新駅舎オープンにあわせて,自動改札機が現状の7通路から10通路に増設され,総合案内カウンターがオープンする.また,4月21日(火)からは,新駅舎2階に,上野恩賜公園を望む展望テラスと改札外トイレが設置されるほか,1階・2階それぞれにJR東日本リテールネットが運営する「エキュート上野」の新店舗(4店舗)もオープンする.
 なお,現在の公園口駅舎部分(1階・2階)については,2021(令和3)年度の完成を目標に,「エキュート上野」の新店舗(3店舗分)が入居予定.さらに,既存の改札内トイレを拡張し,多機能トイレ(2ヵ所), ベビー休憩室(1ヵ所)が設置される.