×

阪神,武庫川線向け5500系のデザインを発表
〜阪神タイガースと甲子園球場がテーマ〜

access_time
2020年2月22日掲載
阪神,武庫川線向け5500系のデザインを発表

阪神電気鉄道は,2020(令和2)年5月末(予定)から武庫川線に5500系を導入すると発表した.

 今回導入される5500系は,武庫川線での使用にあわせて改造を実施するとともに,外装と内装を新たなデザインとしたもの.武庫川線が西宮市内にあり,阪神甲子園球場や鳴尾浜球場が近接していることから,車両の新たなデザインのテーマを「野球」とし,「阪神タイガース」と「阪神甲子園球場」をテーマにデザインした2編成が完成した.

阪神,武庫川線向け5500系のデザインを発表

 阪神タイガースをモチーフとしたデザインの編成「タイガース号」は,外装は阪神タイガースをイメージさせる「黄色」と「黒色」をベースとし,内装はユニフォームをイメージした壁面デザインとした.さらに,阪神タイガースのシンボルマークが内外装の随所にあしらわれている.

阪神,武庫川線向け5500系のデザインを発表

 阪神甲子園球場をモチーフとしたデザインの編成「甲子園号」は,外装は阪神甲子園球場の蔦・芝・白線をイメージさせる緑色と白色をベースとし,内装は,床面に阪神甲子園球場の土・マウンドなどを,壁面には球場外壁のレンガをイメージしたものとなっている.
 なお,武庫川線での運転開始日や,現在改造工事中の車両デザイン・テーマについては,後日発表される予定.

写真・画像はすべて阪神電気鉄道提供