×

名鉄,河和線高横須賀—南加木屋間に新駅設置へ

access_time
2020年2月18日掲載
名鉄9500系

写真:名古屋鉄道9500系  編集部撮影  犬山検査場新川検車支区にて  2019-10-01(取材協力:名古屋鉄道)

名古屋鉄道と愛知県東海市では,河和線高横須賀—南加木屋間への新駅設置について,両者が鉄道に関する工事を受託する基本協定を締結したと発表した.
 これは,利便性の向上,新駅予定地付近における交通円滑化などを図るため,東海市の要請で設置するもので,2015(平成27)年9月に名鉄と東海市が合意し,着工に向けて協議を続けてきた.
 設置予定地は,高横須賀から1.4km,南加木屋から1.4km地点の愛知県東海市加木屋町唐畑付近で,駅の名称は未定.供用開始は2023(令和5)年を予定している.

写真はイメージです.