×

JR東日本,3月14日から南武線「小田栄駅」を本設化へ
〜両毛線 あしかがフラワーパーク駅での運賃特例も廃止〜

JR東日本,3月14日から南武線「小田栄駅」を本設化へ

JR東日本横浜支社では,2016(平成28)年3月に開業した南武線 小田栄駅について,新駅設置の効果が認められたことから,2020(令和2)年3月14日(土)から本設化すると発表した.

 小田栄駅は,人口が急増している小田栄地区の利便性を向上を目的に,川崎市とJR東日本横浜支社が2015(平成27)年1月に包括連携協定を締結.戦略的新駅として川崎新町—浜川崎間に設置され,運賃(定期乗車券含む)については,当面の間,川崎新町駅と同額に設定されていた.今回の本設化にともない,3月14日(土)から特例運賃を廃止し,新たに設定する営業キロにもとづいた運賃を適用する.小田栄と隣接する川崎新町との駅間キロは0.7kmに設定される.

あしかがフラワーパーク

 また,高崎支社管内の両毛線 あしかがフラワーパーク駅についても,これまで隣接する富田駅と同額としていた運賃・料金を,3月14日(土)から廃止し,新たに設定する営業キロにもとづいた運賃を適用する.これにともない,あしかがフラワーパーク駅と隣接の足利駅・富田駅との駅間キロはそれぞれ6.2kmと0.9kmに設定される.あわせて,あしかがフラワーパーク駅・富田駅との相互間において,SuicaなどのICカードが利用可能となる.

画像は,JR東日本横浜支社のニュースリリースJR東日本高崎支社のニュースリリースから