×

クモヤ443+クモヤ442が架線検測のため九州入り

access_time
2020年2月16日掲載
クモヤ443+クモヤ442が架線検測のため九州入り

2020(令和2)年2月15日(土),JR西日本吹田総合車両所京都支所所属のクモヤ443-2+クモヤ442-2が架線検測のため九州入りし,門司—折尾—門司港—南福岡間を走行しました.
 JR九州では811系PM8105編成に架線検測機器が搭載され,試運転が繰り返されており,動向が注目されます.

写真:陣原にて 2020-2-15
投稿:菅原 勇登