グリーンマックス,2020年6月以降の発売予定品を発表

グリーンマックス,2020年6月以降の発売予定品を発表

グリーンマックスは,2020(令和2)年5月以降の発売予定品を発表しました.

■西武6000系アルミ車(6157編成・PMSM試験車)
 西武6000系アルミ車のうち,永久磁石同期電動機を試験的に採用し,床下機器に特徴のある6157編成が再現されます.
 車両番号,シンボルマーク(西武鉄道)は印刷済みで,種別・行先表示(前面・側面:フルカラーLED仕様,運行番号:白色LED仕様),優先席,女性専用車,弱冷房車,車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカーによる選択式(基本6両編成セットにのみ同梱)となります.避雷器は一体彫刻表現とし,ラジオアンテナは取付け済みです.なお,列車無線アンテナ,ヒューズボックスはユーザ取付けとなります.走行中はヘッドライト(電球色),テールライト(赤色),前面運行番号(白色),前面行先表示(白色)が点灯します.
 基本6両編成セット(動力付き)が30500円(税抜),増結用中間車4両セット(動力なし)が16100円(税抜)で,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
■京王8000系(大規模改修車・8011編成)
 京王8000系10両編成において,中間先頭車の運転台部分を改造して客室化するなどの大規模改修を行なった編成のうち,ヘッドライトがLED化された8011編成を,購入しやすいセット構成とし,製品化されます.
 車両番号,コーポレートマークは印刷済みで,フルカラーLED仕様の種別・行先表示(前面・側面),車椅子・ベビーカーマーク,優先席(車体表示),女性専用車,弱冷房車の各表記は付属ステッカーによる選択式(基本4両編成セットにのみ同梱)となります.なお,室内座席パーツはブルーグリーン色で成形されます.走行中はヘッドライト(白色)・テールライト(赤色)・前面種別・行先表示(白色)が点灯します.
 基本4両編成セット(動力付き)が23000円(税抜),増結用中間車4両セットA(動力なし)が15900円(税抜),増結用中間車4両セットB(動力なし)が8300円(税抜)で,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
■京王8000系(大規模改修車・高尾山トレイン)
 上記京王8000系8011編成の関連商品として,グリーンをベースにしたラッピングトレイン「高尾山トレイン」のヘッドライトLED化後の姿を,購入しやすいセット構成とし,製品化されます.
 製品は,グリーンをベースに高尾山の四季等自然をイメージしたラッピングが精細に再現されます.車両番号,コーポレートマークは印刷済みで,フルカラーLED仕様の種別・行先表示(前面・側面),車椅子・ベビーカーマーク,優先席(車体表示),女性専用車,弱冷房車の各表記は付属ステッカーによる選択式(基本4両編成セットにのみ同梱)となります.なお,室内座席パーツはブルーグリーン色で成形されます.走行中はヘッドライト(白色)・テールライト(赤色)・前面種別・行先表示(白色)が点灯します.
 基本4両編成セット(動力付き)が23800円(税抜),増結用中間車4両セットA(動力なし)が16800円(税抜),増結用中間車4両セットB(動力なし)が8500円(税抜)で,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.

グリーンマックス,2020年6月以降の発売予定品を発表

■JR九州817系1000番台(佐世保車)
 JR817系のうち,おもに佐世保地区の地域輸送を担うのが0番台です.製品は,これまでに発売されたものと比較して,床下機器・台車・スカートを実車同様ブラックグレー色で成形し,台車には,より実車に近いTR235Dが採用されます.
 車両番号や,JR九州の特徴である各種車体表記は印刷済みです.種別・行先表示については「普通・長崎」,路線名表示は「長崎本線」が印刷済みで,別売りの「<8719>JR九州817系0/1000番台対応 行先表示ステッカー2」を購入することで,お好みの種別・行先に変更することができます.走行中はヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)が点灯します.このほか,KATO製ボディマウント式カプラー取付け用アダプターパーツが付属します(カプラーは別売りです).
 基本2両編成セット(動力付き)が14500円(税抜),増結2両編成セット(動力なし)が12200円(税抜)で,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
■JR九州817系1000番台(鹿児島車)
 JR817系のうち,おもに鹿児島地区の地域輸送を担うのが1000番台です.製品は,これまでに発売されたものと比較して,床下機器・台車・スカートを実車同様ブラックグレー色で成形し,台車には,より実車に近似のTR235Dが採用されます.
 車両番号や,JR九州の特徴である各種車体表記は印刷済みです.種別・行先表示については「普通・鹿児島中央」が印刷済みで,別売りの「<8719>JR九州817系0/1000番台対応 行先表示ステッカー2」を購入することで,お好みの種別・行先に変更することができます.走行中はヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)が点灯します.このほか,KATO製ボディマウント式カプラー取付け用アダプターパーツが付属します(カプラーは別売りです).
 基本2両編成セット(動力付き)が14500円(税抜),増結2両編成セット(動力なし)が12200円(税抜)で,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
■阪神5500/5550系(“たいせつ”がギュッと.マーク付き)
 阪神5500系のうち,2013(平成25)年から展開されている阪神電車沿線活性化プロモーション「“たいせつ”がギュッと.」のロゴマークが貼付された5517編成が製品化されます.また,5500系のマイナーチェンジ版である5550系の「“たいせつ”がギュッと.」ロゴマーク貼付仕様もあわせて製品化されます.
 各セットの共通仕様として,車両番号,社紋,「“たいせつ”がギュッと.」マークが印刷済みとなります.走行中はヘッドライト(白色),テールライト(赤色)が点灯し,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
 5500系は,種別・行先表示が幕仕様で,優先席,弱冷房車,携帯電話の各表記が新規製作の付属ステッカーによる選択式です.列車無線アンテナ,ヒューズボックス,避雷器はユーザ取付けで,パンタグラフは「PT48」が搭載されます.
 5550系は,種別・行先表示がLED仕様で,優先席,弱冷房車,携帯電話の各表記が新規製作の付属ステッカーによる選択式です.列車無線アンテナ,ヒューズボックスはユーザ取付けで,避雷器は屋根パーツに一体彫刻されます.パンタグラフは「PT71B」が搭載されます.
 5500系・5550系とも基本4両編成セット(動力付き)のみの設定で,各21500円(税抜)です.

 このほか,ハイクオリティエコノミーキットのうち西日本地区のJR113系各種 (ボディ一体成形/未塗装キット)に対応したステッカー・車両マーク(115系を含む)も発売されます.
※詳しくは,グリーンマックスWEBサイトまたは公式ブログ「GM通信」をご覧ください.