×

小田急,2月28日から片瀬江ノ島駅新駅舎の一部供用を開始

小田急,2月28日から片瀬江ノ島駅新駅舎の一部供用を開始

小田急電鉄は,江ノ島線の片瀬江ノ島駅について,2020(令和2)年2月28日(金)から,新駅舎の一部供用を開始すると発表した.

 片瀬江ノ島駅改良工事は,2018(平成30)年2月に着工し,従前の竜宮城の雰囲気をもった駅舎から本格的な竜宮造りの駅舎に変更.コンコースの拡張やトイレの全面リニューアルなど,機能面の大幅な向上を目指して工事を進めてきた.
 新駅舎の外観は,神社仏閣の技法である竜宮造りを採り入れた本格的で品格のある造りとしており,細部にまでこだわった装飾品により遊び心を加えた.竜宮造りの特徴である建物の上部には,五頭龍と天女の伝説から,窓ガラスに天女を描き,5ヵ所に龍をあしらう.また,屋根上5ヵ所にかわいらしいイルカの像が設置される.

小田急,2月28日から片瀬江ノ島駅新駅舎の一部供用を開始

 改札口通過後のコンコース内は,天井から約15mの迫力ある龍の彫刻が出迎え,大屋根の梁に使用した神奈川県産の杉や檜により,木の温もりがあふれる空間となる.さらに,2ヵ所の本設改札口については,仮設改札(5通路)から本設改札(7通路:北側4通路/南側3通路)の使用を開始する.なお,新駅舎完成後は南側4通路となり,合計8通路となる.
 今後は,駅務室や外構工事を行ない,改良工事の全体の完成は,2020(令和2)年5月の予定.

画像:駅舎完成イメージ(小田急電鉄のニュースリリースから)