日本信号,南海電鉄に「2DLS式障害物検知装置」を納入

access_time
2020年2月7日掲載
日本信号,南海電鉄に「2DLS式障害物検知装置」を納入

日本信号は,南海電気鉄道向けに「2DLS式障害物検知装置」を納入し,2020(令和2)年2月7日(金)から,高野線の初芝5号踏切道(大阪府堺市)で稼働を開始すると発表した.

日本信号,南海電鉄に「2DLS式障害物検知装置」を納入

 2DLS式障害物検知装置は,2次元走査レーザーセンサにより,踏切道内を面と捉えることで広範囲の障害物検知を実現.従来の光式障害物検知装置では困難であった小物体の検出も可能であり,ビーム照射面やリフレクタの汚れの影響を監視し,異常判断前にアラームを出力する機能も搭載している.また,「フェールセーフCPU」を搭載した処理部により,物体有無判定と健全性確認を行なうことで,光式障害物検知装置の置換えが可能となっている.
 今回の装置は,多摩都市モノレール向けの工作車検知に続く導入だが,踏切障害物検知装置としては,初めて稼働を開始する.今後は,2月20日(木)から南海本線の二色浜2号踏切道(大阪府貝塚市)にも設置されるほか,順次,従来方式の光式障害物検知装置を「2DLS式障害物検知装置」に置き換え,設置場所を拡大していく予定.

写真:日本信号のニュースリリースから