×

近鉄,2月1日から特急列車の車いす席をインターネットで発売

近畿日本鉄道50000系「しまかぜ」

写真:近畿日本鉄道50000系「しまかぜ」  編集部撮影  青山町車庫にて  2013-1-21(取材協力:近畿日本鉄道)

近畿日本鉄道では,2020(令和2)年2月1日(土)から特急列車の車いす席の特急券を近鉄のインターネット予約・発売サービスで販売を開始すると発表した.
 対象列車は,「しまかぜ」,「ひのとり」,「アーバンライナー」,「伊勢志摩ライナー」,「さくらライナー」,「青の交響曲(シンフォニー)」,22000系・22600系(一部),16400系・16600系で,「ひのとり」については,車いすのまま車内に乗車できる席の設定もある.なお,22000系・22600系(一部),16400系・16600系については,一部の列車を除き運転日前日の夕方以降に運転車両が決定するため,特急券が購入できるのはそれ以降となる.
 特急券は,車いす利用者の席(車いす対応席)とその同伴者の席(車いす近隣席)について販売を行なう.現在は駅窓口・旅行会社のみで販売しているが,今後は事前に特急券を駅窓口・旅行会社での購入することに加え,自宅などからインターネット経由で購入し,乗車することもできる.
 なお,インターネット経由で車いす席を指定し,特急券を購入できるようになるのは国内で初めてとなる.