×

「京急ミュージアム」がオープン

access_time
2020年1月21日掲載
「京急ミュージアム」がオープン

京急創立120周年事業の一環として整備された「京急ミュージアム」が,2020(令和2)年1月21日(火)にオープンした.

 本社機能を移転した横浜・みなとみらい21地区の「京急グループ本社」1階に開設された「京急ミュージアム」は,「『本物』を見て,触れて,楽しむ」をコンセプトとし,入口の近くには,約2年をかけて修繕作業が行なわれた京急の歴史的車両である230形デハ236が展示されている.ホームは230形が引退したころの1970年代を再現し,車内には,京急の歴史を紹介するコーナーが設置されている.

230形デハ236

 館内中央には,沿線風景の中に京急グループ各社の施設や取組などとともに沿線が忠実に再現された,「京急ラインジオラマ」(長さ約12m)が設置されている.走行する車両にはカメラが搭載されており,その映像を見ながら800形の運転台を使用して操作することもできる.

「京急ラインジオラマ」

 新1000形の実物運転台を使用して運転が体験できる「鉄道シミュレーション」は,実写映像の運転シミュレータで,4つの異なる難易度が設定されている.このほか,バス運転台を再現し車窓の映像を通じてバス路線のネットワークを体験できる「バスネットワーク」,おもに子どもを対象としたオリジナルデザイン車両の工作体験ができる「マイ車両工場」などさまざまな展示や体験が用意されている.

「鉄道シミュレーション」

 この「京急ミュージアム」は,入場料は無料.「鉄道シミュレーション」と「マイ車両工場」は定員制,「京急ラインジオラマ」は先着制でそれぞれ有料となっている.なお,オープン当初は混雑が予想されることから,2020(令和2)年2月24日(月休)までは,事前申込による抽選入場となり,当選通知を持参された方のみが入場可能となっている.

写真はいずれも編集部撮影(取材協力:京浜急行電鉄)