阪堺電軌,2月1日から恵美須町停留場新駅舎の供用開始

access_time
2020年1月10日掲載
阪堺電気軌道 1001形

写真:阪堺電気軌道1001形  松本洋一撮影  我孫子道車庫にて  2014-2-25(取材協力:阪堺電気軌道)

阪堺電気軌道では,2020(令和2)年2月1日(土)の始発から,恵美須町停留場新駅舎の供用を開始すると発表した.

阪堺電軌,2月1日から恵美須町停留場新駅舎の供用開始

 この移設は,2018(平成30)年の台風21号により被災した駅施設の復旧にあわせて,バリアフリー化による利便性向上を目的とするもの.現在,恵美須町停留場の約100m南側で工事を実施しており,恵美須町停留場新ホームへは堺筋側の歩道が入口となる.
 なお,新駅舎の移設にともない,恵美須町から各駅の営業キロ程が変更となるため,一部区間で定期旅客運賃などが変更される.

写真は特記以外,阪堺電気軌道のニュースリリースから