SKR401に緋色一色仕様の「スカーレット」ヘッドマーク

access_time
2020年1月7日掲載
SKR401に緋色一色仕様の「スカーレット」ヘッドマーク

信楽高原鐵道では,信楽町が舞台となる,NHK連続テレビ小説「スカーレット」をPRするため,2019(令和元)年9月29日(日)から,SKR400形401号車にラッピングをほどこし,運転しています(既報).
 ラッピングに合わせて,PR用大形ヘッドマークも用意されていますが,取り付けずに運転されることもあり,運転日によって,異なる表情で運転されることで話題となっています.
 2020(令和2)年1月6日(月)は,「緋色(ひいろ)一色仕様」のヘッドマークが信楽方に取り付けられ,運転されていることが確認できました.なお,「緋色(ひいろ)」とは,やや黄色味のある,鮮やかな赤色で,平安時代から用いられている伝統色であるとのことです.

写真:貴生川—紫香楽宮跡間にて 2020-1-6
投稿:志摩 敬