×

阪急で「初詣」・「阪急沿線西国七福神めぐり」ヘッドマーク

access_time
2019年12月27日掲載
阪急で「初詣」・「阪急沿線西国七福神めぐり」ヘッドマーク

阪急電鉄では,2020(令和2)年の初詣シーズンを前に,「初詣」と「阪急沿線西国七福神めぐり」のヘッドマークが,2019(令和元)年12月26日(木)から順次掲出されています.

 「初詣」のヘッドマークは,2020年の干支「子(ネズミ)」の身体に松竹梅の模様が描かれたデザインになっています.神戸・宝塚・京都の各線で4編成ずつ,計12編成に,2020(令和2)年1月7日(火)ごろまで掲出される予定です.

阪急で「初詣」・「阪急沿線西国七福神めぐり」ヘッドマーク

 「阪急沿線西国七福神めぐり」のヘッドマークは,宝塚線で4編成,神戸線と京都線で各2編成,計8編成に,2020(令和2)年1月31日(金)ごろまで掲出される予定となっています.

写真:2枚とも武庫之荘—西宮北口間にて 2019-12-26
投稿:米澤 和志