50系による団臨『筑豊・北九州ラウンドトレイン』運転

access_time
2019年12月23日掲載
50系による団臨『筑豊・北九州ラウンドトレイン』運転

JR九州では,2019(令和元)年12月22日(日),50系客車3両を使用した団体臨時列車が運転されました.
 これは,JR九州が企画した旅行ツアー『SL人吉の客車で巡る「筑豊・北九州ラウンドトレイン」』にともなうもので,直方→黒崎→門司港→田川後藤寺→新飯塚→直方の経路で運転されました.途中の門司港と田川伊田では,自由散策と田川市石炭・歴史博物館の見学の時間が設けられました.
 なお,けん引機は,門司港方に熊本車両センター所属のDE10 1206,田川後藤寺方に鹿児島車両センター所属のDE10 1755が連結され, プッシュプル運転されました.

写真:筑前埴生—中間間にて 2019-12-22
投稿:花村 隆広