×

千葉都市モノレール,12月25日から0形6次車の営業運転を開始

千葉都市モノレール,12月25日から0形6次車の営業運転を開始

千葉都市モノレールでは,2019(令和元)年12月25日(水)から,0形「アーバンフライヤー」の6次車2編成4両の営業運転を順次開始すると発表した.

 0形「アーバンフライヤー」は,2012(平成24)年に登場した千葉都市モノレールの主力車両.今回の6次車は,これまでのデザインをベースとし,眺望性や安全面などを向上させたマイナーチェンジ車となる.
 座席は,ローバックシートに変更することで,眺望性が大幅に向上し,高齢者や子どもにも使用しやすいように縦手すりを増設.安全性の観点から,新たに車内防犯カメラを設置した.車内照明はLEDに変更し,環境に配慮したほか,行先表示器をカラーLEDへ変更した.

千葉都市モノレール,12月25日から0形6次車の営業運転を開始

 車内の情報提供装置についても,乗客に詳細な情報を案内できる液晶(LCD)に変更し,4言語(日・英・中・韓)表記や駅ナンバリング表示により,訪日外国人の利便性の向上を図っている.
 なお,今回導入する車両(2編成4両)の制御装置(VVVF)については,車両の省エネ化に資する設備導入促進事業として環境省国庫補助事業で整備されている.
 運転開始に先立ち,12月24日(火)には動物公園駅の2番線・3番線ホームで内覧会が開催される.

写真はすべて千葉都市モノレールWEBサイトから