JR西日本,列車走行位置サービスの提供エリア・路線を拡大

JR西日本,列車走行位置サービスの提供エリア・路線を拡大

JR西日本では,パソコン・スマートフォン向けに配信している「列車走行位置サービス」について,2019(令和元)年12月20日(金)の始発列車から,提供路線を拡大すると発表した.
 このサービスは,列車走行位置専用ページまたは列車運行情報アプリからアクセスすることで,在線位置情報や列車ごとの遅れ時分などの運転に関わる情報を確認できるもので,今回は近畿エリアのうち,草津線の草津—柘植間と関西本線の亀山—加茂間が追加される.
 また,2020(令和2)年春からは,和歌山線,桜井線(万葉まほろば線),因美線(鳥取—智頭間)への導入を予定しており,サービス開始予定日については決定次第,発表される.

写真:JR西日本のニュースリリースから