×

京急・東京モノレール,3月14日から一部駅名を変更

京浜急行電鉄 新1000形1800番台

写真:京浜急行電鉄 新1000形1800番台  編集部撮影  金沢検車区にて  2016-3-27(取材協力:京浜急行電鉄)

京浜急行電鉄では,2020(令和2)年3月14日(土)に産業道路駅など6駅の駅名を変更すると発表した.

 これは,創立120周年記念事業として,沿線地域の活性化に繋げることを目的に,町名,地域シンボルや利用客の利便性などを総合的に判断し,産業道路・花月園前・仲木戸・新逗子の4駅の駅名を変更するもの.
 産業道路は,新駅名を大師橋(だいしばし)とする.これは,大師線連続立体交差事業における駅の地下化を機に,川崎市と大田区を結ぶ架け橋で,地元シンボルのひとつでもある大師橋に変更し,新しい街づくりのさらなる契機となることから選定された.
 花月園前は,新駅名を花月総持寺(かげつそうじじ)とする.「花月園」は,かつて東洋一の遊園地として,その後は競輪場としてにぎわいを見せたが,2010(平成22)年に競輪場が閉場.現在は新たな街づくりが計画されており,その一環として駅から近く,曹洞宗大本山として全国に知られている總持寺を駅名に入れ,地域活性化に繋げる.なお,正式表記は總持寺であるが,駅名は通用字体の「総」を用いる.
 仲木戸は,新駅名を京急東神奈川(けいきゅうひがしかながわ)とする.これは,JR東日本の東神奈川と隣接していながら,駅名が異なることで乗換え可能な駅として利用客から十分に認知されていないことから,京急を冠したうえで同駅名とし,乗り間違いを防ぎつつ利便性を高めるもの.
 新逗子は,新駅名を逗子・葉山(ずし・はやま)とする.これは,ブランド力のある逗子と葉山を合わせた駅名に変更することで,三浦半島のさらなるイメージ向上と定住人口・交流人口増により,地域活性化を図る.また,羽田空港からの直通列車の終端駅のため,行先として駅名が表示されることで,多くの利用客に保養地,景勝地である葉山へのアクセスポイントであることを広く認知してもらう.

東京モノレール 10000形

写真:東京モノレール10000形  編集部撮影  昭和島車両区にて  2014-4-8(取材協力:東京モノレール)

 なお,羽田空港国際線旅客ターミナルなどの名称変更にともない,京急では,羽田空港国際線ターミナル,羽田空港国内線ターミナルの2駅について,羽田空港第3ターミナル(はねだくうこうだい3たーみなる),羽田空港第1・第2ターミナル(はねだくうこうだい1・だい2たーみなる)にそれぞれ変更する.あわせて東京モノレールでも,羽田空港国際線ビル,羽田空港第1ビル,羽田空港第2ビルの3駅について,羽田空港第3ターミナル(はねだくうこうだい3たーみなる),羽田空港第1ターミナル(はねだくうこうだい1たーみなる),羽田空港第2ターミナル(はねだくうこうだい2たーみなる)にそれぞれ変更する.