×

JR西日本,SL“やまぐち”・「○○のはなし」の運転計画を発表

access_time
2019年12月17日掲載
JR西日本 35系客車

写真:JR西日本35系客車  編集部撮影  新山口にて  2017-6-4(取材協力:JR西日本)

JR西日本は,山口県で運転しているSL“やまぐち”・「○○のはなし」について,運転計画を発表した.
 SL“やまぐち”は,2020(令和2)年3月20日(金祝)から11月22日(日)までの土曜・日曜・祝日を中心に1日1往復し,合計76日間運転する.期間中はすべてC57 1によるけん引を予定している.
 新下関—東萩間で運転される観光列車「○○のはなし」については,2020(令和2)年3月1日(日)から2021(令和3)年2月28日(日)まで,土休日を中心に1日1往復し,合計110日間運転する.このうち,5月23日(木)から6月21日(日)までと,1月1日(金祝)から3日(日)までは運休する.また,2020(令和2)年3月14日(土)のダイヤ改正以降は,阿川駅の駅敷地内にカフェやレンタサイクルを行なう観光スポットがオープンにあわせて,新たに阿川駅に停車する.
 車内では「○○のはなし」の名前の由来にもなっている萩市(は)・長門市(な)・下関市(し)にちなみ,各市によるおもてなしイベントを開催する.