鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

小田急,12月15日から梅ヶ丘駅のホームドアを使用開始

小田急,12月15日から梅ヶ丘駅のホームドアを使用開始

小田急電鉄は,2019(令和元)年12月15日(日)の始発から,小田急線梅ヶ丘駅の上下ホームでホームドアの使用を開始すると発表した.

 小田急電鉄のホームドア整備計画は,2022(令和4)年度までに,1日平均の利用者数が10万人以上である新宿・代々木上原・下北沢・登戸・新百合ヶ丘・町田・相模大野・海老名・本厚木・大和・藤沢の11駅を優先してホームドアを設置する計画で,これまでに,新宿(4・5番ホーム),代々木八幡(1・2番ホーム),下北沢(3・4番ホーム),東北沢(1・2番ホーム),世田谷代田(1・2番ホーム)の5駅で使用を開始している.藤沢については,1日の利用者数が10万人以上でホームドアの設置基準を超えているが,駅の大規模改良工事にあわせて整備を計画するため設置時期は未定となっている.そのほかの駅についてはホームの混雑状況などを踏まえ,具体的に検討を進める.
 なお,代々木上原については,2020(令和2)年1月12日(日)に上りホーム,1月19日(日)に下りホームへそれぞれ設置し,2020(令和2)年3月の運用を開始する予定.

写真提供:小田急電鉄

このページを
シェアする