×

JR東海,HC85系を報道陣に公開

JR東海,HC85系を報道陣に公開

JR東海は,HC85系試験走行車を2019(令和元)年12月12日(木)に名古屋車両区で報道陣に公開した.

 HC85系は1989(平成元)年から使用されているキハ85系の取替えに向けて開発を進めているハイブリッド方式の次期特急形車両で,「HC」は,エンジンで発電した電力と蓄電池の電力とを組み合わせ,モータを回して走行するハイブリッド方式の車両(Hybrid Car)であることを表し,技術革新したハイブリッド方式の85系という意味を込めて,「HC85系」と名付けられた.今回公開されたのは,クモロ85-1+モハ84-101+モハ84-1+クモハ85-1の4両編成で,名古屋車両区に配置される.

JR東海,HC85系を報道陣に公開

 エクステリアデザインは,先頭車前面上部・照明を滑らかな曲線形状とすることで「和」を表現し,前面上部は飛騨・南紀地区の木の色の赤みがかった茶色とした.前面から側面につながるオレンジ色の帯はJR東海のコーポレートカラーであり,曲線にすることで躍動感を表現している.
 インテリアは,グリーン車は「落ち着いた上質感」,普通車は「明るいワクワク感」をテーマとし,室内に木目調の内装材を採用することで「木のぬくもり」を演出している.グリーン車の腰掛は,沿線の新緑と,美しい川や夕暮れの紫の空をグラデーションで表現したデザイン.普通車の腰掛は,沿線の紅葉と,祭り・花火のイメージをグラデーションで表現したデザインとなっている.

JR東海,HC85系を報道陣に公開

 ハイブリッドシステムは,国内最大容量の主蓄電池を搭載しており,主蓄電池,電力変換装置,補助電源方式は水冷式とすることで,国内初の一体・小形化を実現している.永久磁石同期発電機(PMSG)と永久磁石同期電動機(PMSM)を同時に導入するのは国内はじめての事例となる.
 台車は一体成型により重要溶接部を大幅に削減した新形で,軸箱支持方式はタンデム式となっている.各車両ともにM台車とT台車を1台ずつ備え,M台車は出力145kWの主電動機を2台装備している.
 今後,1年間を目途にハイブリッド技術の確立に向けた基本性能試験,長期耐久試験などを行なったあと,その試験結果を踏まえて,量産車を2022(令和4)年度を目標に投入する予定.

写真はいずれも編集部撮影(取材協力:JR東海)