JR東日本,高輪ゲートウェイ駅の概要を発表

JR東日本,高輪ゲートウェイ駅の概要を発表

JR東日本は,2020(令和2)年春に開業する高輪ゲートウェイ駅の概要を発表した.

JR東日本,高輪ゲートウェイ駅の概要を発表

 高輪ゲートウェイ駅は,「グローバルゲートウェイ品川」をコンセプトに,2024(令和6)年ごろのまちびらきを予定しているあたらしい街の核として,東京と世界をつなぐ玄関口を目指しており,JR東日本グループのさまざまな「やってみよう」を盛り込み,最新の駅サービス設備の導入や実証実験を進める.
 駅のデザインは,隈研吾氏をデザインアーキテクトに迎え,国際交流拠点の玄関口として,随所で「和」を感じられるデザインとした.折り紙をモチーフにした障子を想起させる大屋根のもと,象徴的な吹き抜けや大きなガラス面を設置し,駅と街が一体的に感じられる空間とする.駅は,JR東日本が推進する環境保全技術を盛り込む「エコステ」の駅として,膜屋根採用による照明電力量の削減や,東北の木材使用による環境配慮など,さまざまな取組みを進め,持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも取り組む.

JR東日本,高輪ゲートウェイ駅の概要を発表

 駅サービス設備では,AIを活用した案内ロボットやさまざまな自律移動形ロボットを試行導入する.また,車椅子利用者も利用しやすい,ICカードのタッチ部分の形状を工夫した自動改札機の試行導入や,QRコードによる改札機利用のモニター評価実験も実施する.駅コンコースでは,常時周囲の喧噪音を計測し,その変化にあわせて,放送音量を聞き取りやすくかつ適切な音量に自動制御する放送システムを試行導入する.

JR東日本,高輪ゲートウェイ駅の概要を発表

 このほか,列車運行情報などを表示するデジタルサイネージや,券売機上部の地図式運賃表に2ヶ国語(日本語,英語)対応の液晶ディスプレイモニタを設置する.トイレの姿見には,季節感などが感じられるサイネージミラーを採用し,改札内のイベントスペースには「鉄道テラスビジョン」を設置する.「鉄道テラスビジョン」は,高輪ゲートウェイ駅建設前は車両基地であったことや,日本初の鉄道開通の地であることにちなみ,この地が,過去と未来,日本と世界,そして多くの人々をつなぐ結節点となることを表現する映像を放映する.

JR東日本,高輪ゲートウェイ駅の概要を発表

 2階(改札内)には,無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」が大宮駅・赤羽駅における過去2回の実証実験を経て,常設店として初めて誕生する.また,3階(改札外)には,「スターバックス コーヒー 高輪ゲートウェイ駅店(仮称)」が開業する.同店舗では,Suicaなど交通系電子マネーでの決済や,スターバックスの公式モバイルアプリから事前に注文決済し,レジに並ばず商品を受け取ることができる「Mobile Order & Pay」を導入する.また店内には,ブース形シェアオフィス「STATION BOOTH」が設置される.

※「QRコード」は(株)デンソーウェーブの登録商標です.
写真はすべてJR東日本のニュースリリースから