×

大阪市高速電気軌道,顔認証を用いた次世代改札機の実証実験を開始

大阪市高速電気軌道,顔認証を用いた次世代改札機の実証実験を開始

大阪市高速電気軌道では,一部の駅で,顔認証を用いた次世代改札機の実証実験を開始すると発表した.

 実証実験は,2024(令和6)年度に全駅で顔認証によるチケットレス改札の導入を目指し,実用化に向けた課題抽出と検討基礎データの取得などを目的に実施するもの.対象は大阪市高速電気軌道の社員で,実験期間は,2019(令和元)年12月10日(火)から2020(令和2)年9月30日(水)までを予定している.
 今回は,オムロンソーシアルソリューションズ,高見沢サイバネティックス,東芝インフラシステムズ,日本信号の4企業の協力のもと,長堀鶴見緑地線 ドーム前千代崎駅,中央線 森ノ宮駅,堺筋線 動物園前駅,御堂筋線 大国町駅の4駅に,それぞれ異なる改札機を設置.各駅で異なる改札機を試験導入することで,機能性や利便性,デザインについて比較検証する.

大阪市高速電気軌道,顔認証を用いた次世代改札機の実証実験を開始

 実験では,改札機に備えつけたカメラで顔を捉え,事前登録した顔写真データと照合・承認による改札ゲート開閉と,改札機に備えつけたQRコードリーダー(二次元バーコードリーダー)でQRコード(二次元バーコード)を読み取り,事前登録した社員データと照合・承認による改札ゲート開閉の2方式を検証する.
 さらに改札機には,本体に付属した顔認証用カメラのほかに,改札機の利用状況を俯瞰的に記録するカメラを設置する.顔認証用カメラは常時稼働するが,録画は行わない.対象者の顔を検知,認識した時点で特徴点データに変換し,認証サーバとの照合確認に使用される.俯瞰撮影用カメラについては,改札機を利用した社員の歩行スピードや動向を録画し,認証精度向上の検証や分析に使用される.
 取得した画像については,外部に接続しない当社専用ネットワーク上で管理し,検証目的以外の使用は行なわない.録画データの利用期間は,データ取得後6ヵ月未満とし,期限が過ぎたデータについては廃棄または個人が特定できない状態への加工を行なうとしている.

写真は大阪市高速電気軌道のニュースリリースから