函館市企業局交通部,年末年始の運転計画を発表

access_time
2019年11月29日掲載
函館市企業局交通部 9600形

写真:函館市企業局交通部 9600形  編集部撮影  駒場車庫にて  2007-2-28(取材協力:函館市交通局)

函館市企業局交通部では,年末年始の運行計画を発表した.
 2019(令和元)年12月30日(月)と,2020(令和2)年1月3日(金)は,通常の土日祝日ダイヤで運転し,1月4日(土)以降は通常ダイヤとなる.
 12月31日(火)の大晦日は,運転時間の短縮を行ない,始発から18時ごろまで通常の土日祝日ダイヤで運転したあと,20時ごろで運転を終了する.ただし深夜時間帯に,初詣電車(乗車運賃無料)を運転し,湯の川—谷地頭間および十字街—函館どつく前間で,23時台から1時台にかけて,合計22本が運転される.
 元日と1月2日(木)の2日間についても,運転時間を短縮し,20時ごろで運転を終了する予定.なお,大晦日から1月2日(木)までの日中は,6分間隔(湯の川—十字街)での運転となる.

※写真はイメージです.