×

東武,「6000系リバイバル車両」を報道陣に公開

access_time
2019年11月25日掲載
東武,「6000系リバイバル車両」を報道陣に公開

東武鉄道は,2019(令和元)年11月25日(月),「6000系リバイバル車両」を南栗橋車両管区で報道陣に公開した.

 これは,東武日光線が2019(令和元)年10月1日(火)に全線開通90周年を迎えたことを記念して,2020(令和2)年3月まで行なわれる各種イベントの一環で登場したもの.6000系を更新した6050形(モハ6162+クハ6262)を,車両設備はそのままに,車体の塗装は,ロイヤルベージュとロイヤルマルーンのツートン,座席モケットは金茶色といわれるカラーとしている.

東武,「6000系リバイバル車両」を報道陣に公開

 「6000系リバイバル車両」は,2019(令和元)年11月30日(土)に東武日光—東武動物公園間で団体臨時列車として運転し,東武日光駅では出発式が開催される.翌12月1日(日)の『東武ファンフェスタ』においては,通常塗装の6050形と併結した4両編成で,南栗橋車両管区から鬼怒川温泉まで団体臨時列車として運転する.その後は,通常列車として運転される予定.

写真はいずれも編集部撮影(取材協力:東武鉄道)