JR東日本,山手線原宿駅の新駅舎を2020年3月21日から供用開始

access_time
2019年11月20日掲載
JR東日本,山手線原宿駅の新駅舎を2020年3月21日から供用開始

JR東日本東京支社では,改良工事を進めている山手線原宿駅について,2020(令和2)年3月21日(土)の初電から,新駅舎と新ホームの供用を開始すると発表した.

JR東日本,山手線原宿駅の新駅舎を2020年3月21日から供用開始

 新駅舎は,線路とホーム上に2層の駅舎を新設し,駅業務施設・コンビニエンスストア(1F)・カフェ(2F)・コンコース・トイレを設置する.表参道改札については,現在と比較してコンコースを約3倍,トイレを約2倍に拡張し,改札は2通路増設する.また,出入口を表参道方面と明治神宮方面の2方向に設置するほか,24人乗りエレベータを新ホームと各出入口に3基増設する.あわせて山手線外回り専用ホームとなる新ホームとホームドアの供用も開始する.

JR東日本,山手線原宿駅の新駅舎を2020年3月21日から供用開始

 また現駅舎については,「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」終了後に解体し,防火地域の基準に適した材料を使用して,駅舎の意匠を再現しつつ,建替えられる予定.

JR東日本,山手線原宿駅の新駅舎を2020年3月21日から供用開始

 2019(令和元)年から2020(令和2)年にかけての年末年始における臨時ホームの使用については,駅改良工事にともない使用を取りやめる.また,年末年始の臨時改札については,工事中のホームに仮設通路を設置し,12月31日(火)の23時から1月1日(水祝)の17時と,1月2日(木)から5日(日)までの各日10時から17時までの間,降車専用として利用可能とする.なお,新駅舎には明治神宮方面出入口を整備することから,臨時改札の設置は今回で最後となる.

写真はすべてJR東日本ニュースリリースから